婦人科豆知識

月経困難症

月経困難症

月経に伴って起こる病的な症状を月経困難症(dysmenorrhea)といいます。月経困難症の主な症状は、下腹痛・腰痛、頭痛などの痛みの症状ですが、その他に、腹部膨満感、疲労・脱力感、吐気・食欲不振、イライラ・憂うつ、下痢などの症状が見られることもあります。

機能性月経困難症と器質性月経困難症

月経困難症には機能性(原発性)月経困難症と器質性(続発性)月経困難症があります。
機能性月経困難症とは、子宮や卵巣に特別な病気が無いのに痛みが強いもので、子宮頸管部と呼ばれる子宮の出口が狭いことや、子宮内膜から出る痛みの物質(プロスタグランジン)のために、子宮の収縮が強くなることが原因と考えられています。一方、器質的月経困難症とは、子宮や卵巣に病気があるために二次的に月経痛が強くなるもので、子宮筋腫や子宮内膜症が代表的な疾患です。機能性月経困難症と器質的月経困難症には表のような特徴があります。

  機能性(原発性)
月経困難症
器質性(続発性)
月経困難症
概念 特別な疾患がない月経困難症 婦人科的疾患に伴う月経困難症
婦人科的疾患 (-) 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮奇形、内膜ポリープなど
発症時期 初経後早期(2~3年後) 20代後半以降(子宮内膜症によるものは発症が早い傾向がある)
痛みのある
時期
月経初日~2日目 月経前~月経後まで続くこともある
経過 年齢とともに軽快することが多い 進行性に悪化することが多い
出産後の
経過
軽快することが多い 子宮内膜症の場合は軽快することがある

月経困難症の治療

器質的月経困難症では、背景にある婦人科疾患の治療が必要ですが、機能性月経困難症と同様の保存的治療(下記)が行われる場合もあります。

(1)鎮痛剤

月経痛の原因であるプロスタグランジンの合成を阻害する鎮痛剤が有効です。ポイントは早めに飲むこと!痛みがピークに達してしまうと鎮痛剤は効きにくくなります。

(2)低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤(LEP製剤)

イラスト図

低用量ピルと呼ばれているものです。LEP製剤を使うと子宮内膜の増殖が抑制されるため、プロスタグランジンの産生量が減り、月経困難症が緩和されます。出血量も減るため、過多月経の治療としても有効です。

(3)漢方療法

漢方薬には、身体を温める、子宮の痙攣を抑制するなどの作用を持つものがあり、単独でも、また鎮痛剤との併用でもよく用いられます。漢方薬は証(体質のようなもの)に合わせて選択されます。

(4)その他

月経困難症は、身体が冷えていたり、疲労がたまっていたりすると強く出る傾向があります。月経の時には、身体を温める、十分な休養をとるなどの、セルフケアもこころがけてください。