婦人科豆知識

卵巣腫瘍

卵巣は子宮の両脇にあって親指の頭ほどの大きさの臓器ですが、色々な種類の腫瘍ができやすい臓器です。卵巣の腫瘍は良性のことも悪性のこともあります。大きくなるまで自覚症状が出にくいため、検診などで偶然にみつかることが珍しくありません。また外から細胞を採ることが難しいため、確定診断をつけるためには手術が必要です。

卵巣が腫れていても腫瘍ではない場合もあります

卵巣の中では、卵胞発育・排卵・黄体形成が繰り返し行われており、その経過の中で卵巣が一時的に腫れることがあります(機能性嚢胞)。
頻度が多いのは、排卵後の黄体に血液がたまる「出血性黄体嚢胞」ですが、無排卵周期で卵胞が大きくなり嚢胞のように見えることもあります。出血性黄体嚢胞の場合は、腹腔内の出血を伴うこともあります(卵巣出血)。

イラスト図

卵巣腫瘍の症状

良性の卵巣腫瘍は自覚症状がないことも少なくありませんが、大きくなるとお腹が張ったり、下腹部腫瘤として触れるようになります。良性の卵巣腫瘍が大きくなると茎捻転をおこすことがあり急激な下腹痛の原因になります。出血性黄体嚢胞による下腹痛は排卵後の黄体期に見られるのが特徴です。悪性の卵巣腫瘍は発育が速く腹水を伴うこともあるため、進行性の下腹痛や腹部膨満感が見られることがあります。

卵巣腫瘍の診断

婦人科的診察(内診・超音波検査)やMRI検査、血液検査の腫瘍マーカーなどを組み合わせて行います。

卵巣腫瘍の治療

(1)機能性嚢胞

自然に消失する可能性が高いので経過をみていきますが、真の腫瘍との鑑別が重要です。卵巣出血を伴う場合は出血を止めるために早期の手術が必要になることがあります。

イラスト図

(2)良性の卵巣腫瘍

自然に消失する可能性のない腫瘍は診断を確定するためにも手術が原則ですが、小さくて悪性の可能性がない場合は経過観察することもあります。5cmをこえる腫瘍の場合は茎捻転を起こすことがあるので手術が選択されます。

(3)悪性の卵巣腫瘍

子宮やリンパ節を含めた手術が基本になります。術後診断により化学療法を行う場合もあります。